*

非刺激性便秘薬とは?おすすめの市販薬と服用の注意点

辛い便秘、あまりにも出ない場合は市販薬に頼る場合もあります。

便秘薬には大きく分けて刺激性便秘薬と、非刺激性便秘薬があります。

刺激性便秘薬では、小腸や大腸の粘膜・神経を直接刺激することによって、ぜんどう運動と呼ばれる腸の収縮運動を促進します。腸が収縮すると排便が促されるため、便秘が解消されます。しかしこの刺激性の便秘薬は、副作用として腹痛が出る場合が多く、飲むのが辛いと感じる人も多くいます。

非刺激性便秘薬の中には、吸収されずに腸まで到達して腸の中の塩濃度を上げることによって、濃度を薄めようと腸管に水が入ってくることを利用したものがあります。水分が入ることで便が柔らかくなり、外に出やすくなります。

また、腸の中で膨らむことによって腸を物理的に動かし、排便を促すタイプのものもあります。

更に、硬くなって詰まってしまっている便の表面に作用し、水が吸収されやすくなるようにすることで便を柔らかくして便秘を解消するはたらきを持つ薬剤もあります。

飲むだけで悩みが解消される便秘薬ですが、服用するうえで注意しなければならない点があります。それは癖がつきやすいお薬であること。日常的に便秘薬を飲んでいると、どんどん便秘が悪化していってしまう可能性があります。市販薬であっても効果の強いものも多いので、用法用量をしっかりと守りましょう。

売れ筋の便秘薬や効果をまとめたサイトを活用したり、薬剤師さんに自分の症状を伝えたりして、自分に一番合ったお薬を服用することをおすすめします。

ab

スポンサーリンク

関連記事

骨を丈夫にしてくれる小松菜はバナナと相性良し

昨日、ほうれん草を紹介しましたが、ほうれん草と同じく冬が旬の野菜ということで本日は小松菜を紹介したい

記事を読む

温泉と同様の効果が得られるパワーストーン

わたしは温泉好きで休みの日など日帰り温泉に行ったりします。この時期は、雪見風呂なども出来て、日本人に

記事を読む

no image

ラジオ体操で膝の痛み!?

モムチャンダイエットをしていましたが、長年の運動不足&超肥満で体を動かすのが辛いという事で、持続性に

記事を読む

腹圧性失禁の他にも尿失禁の種類はまだある

昨日、腹圧性失禁に関する話を書いたら将来のために(?)もっと尿失禁について知っておかなければと思いま

記事を読む

ハトムギと爽健美茶

ハトムギは10月に収穫される、イネ科の1年草です。そして1700年代初期から、すでに薬草として浸透し

記事を読む

ゴールドキウイよりもグリーンキウイの方がおすすめなの?

またまた、キウイについて書いちゃいます。栄養満点、美肌にもいいキウイはとっても奥が深いフルーツなんで

記事を読む

蚊に刺された痕が消えないのは新陳代謝が悪いため

夏は毎年、蚊が大量に出てくる季節です。刺されると痒いですし、刺された後は刺された箇所に赤い痕が出来る

記事を読む

青汁の効果を今さら紹介します

青汁は、健康に良いイメージがありますが、その味から、なかなか手を出しにくい存在です。しかし、最近では

記事を読む

バイオレットライトは本当に近視改善になる?紫外線との違いについて

最近、あさイチで特集されたバイオレットライトが話題になっています。私もド近眼なのでこの話題すごく注目

記事を読む

低G1食品を摂るなら毎日キウイ1個を食べればOK

先日、記事で取り上げた美肌の栄養成分であるビタミンCですが、含有量が多いフルーツにキウイがあると書き

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

花粉症の市販薬なら「ワコーリスAL」「ロートアルガード」の目薬がいい?

花粉症のピークからは少し収まりつつありますが、今日も続きで花粉症の市販

花粉症におすすめの市販薬として「フレッシュアイAG」「カイゲンアイブルー」「パタノール点眼薬」

薬局で花粉症の市販薬を購入しようとしたら沢山ありすぎてどれが一番効き目

拭き取り化粧水の効果を倍増させる使い方とは?プチプラならちふれがおすすめ

プチプラでも高品質なスキンケア製品で知られている化粧品ブランドのちふれ

花粉の時期はスギの飛散時期と重なる!ヒノキ、マツ、ブナなどの花粉症の症状

花粉症の症状がひどくなる季節ですね。 我が家でも今、とにかく大変

皮下脂肪に効く食事法は摂取カロリーと高タンパク低カロリーの食品

前回の記事で、皮下脂肪に効く運動法を紹介したので、今回は皮下脂肪に効く

→もっと見る

PAGE TOP ↑