*

PRP療法の特徴と料金!アンチエイジングの他、糖尿病にも期待大?

公開日: : 最終更新日:2017/05/09 正しいアンチエイジング方法 , , , ,

近年美容外科や美容整形外科などの間で注目を集めている施術として知られているのが、PRP療法 と呼ばれているものです。

PRP療法とは正式な名称としては自己多血小板血漿療法と呼ばれていて、自分自身の血液の中に含まれている成分のひとつである血小板を注射することによって自己治癒力を活性化させることができるというものになっています。

PRP療法の特徴について

PRP療法の特徴は自分自身の血小板を注射すると言うところで、皮膚などに注射することによってターンオーバー機能などを活性化させることができると言うことでアンチエイジング効果のほかにも、しみやシワなどの肌トラブルを改善する事ができる効果が期待されています。

しかも自分の体から抜き取った血小板なので副作用などの心配はほとんどなく、効果そのものも持続する事ができます。

ただし効果を永続させたい場合は何度か治療を受ける必要がありますし、即効性があるというわけではないのですぐに結果を出したいと言う人は注意が必要です。

また施術に関しては実際に施術する医師の技術力に左右されている面もあるため、失敗してしまうと注射をした部分が腫れてしまったり内出血を起こしてしまうと言う可能性もあります。

PRP療法の料金は?

PRP療法の料金はどのようになっているのかと言うと、アンチエイジングなどの美容外科で実施されている若返り治療には健康保険が適応されていません。小顔効果も期待できない?

この前提があるため治療にかかる料金は全て自己負担になるので、クリニックにもよりますがおよそ20万円から40万円程度が相場だとされています。

PRP療法は糖尿病や心臓疾患の治療効果も期待できる?

PRP療法はアンチエイジングなどの美容関連の面で注目を集めていたのですが、最近では医療の現場でも利用する事ができるのではないかと実際に慢性疾患に対しての治療として用いられています。

特に慢性化してしまって治療が困難とされている糖尿病心臓疾患にも治療効果が認められているため、今後幅広い分野で活躍する事が期待されています。

ab

スポンサーリンク

関連記事

エイジングを加速する酸化と糖化について

私たちは人間でいる以上、体の老化、エイジングは何をしないでいると途端に進んで行ってしまいます。

記事を読む

no image

40歳で更年期障害の可能性大あり!?

ネットサーフィンをしていて更年期障害のサイトをみつけました。 更年期障害というのは、閉経を挟んだ前

記事を読む

no image

美魔女の日頃のケア・美容法

数年前に流行った「美魔女」の女性たちが、それぞれ出版したお手入れ本が気になっています。 美魔女とい

記事を読む

抗酸化物質の摂取は単一ではなく複数で組み合わせる

アンチエイジングの勉強していくうえで、よく出現する言葉に抗酸化物質があります。 抗酸化物質とは

記事を読む

女性の敵・冷え性にも効果があるパワーストーン

元々、占いが好きで雑誌では必ず占いコーナーをチェックする程です。最近、気になっているのがパワーストー

記事を読む

no image

韓国コスメのアンチエイジング商品

韓国コスメの中でアンチエイジングの化粧品を探していたのですが、ある情報サイトに載っていた「山心」とい

記事を読む

DHEAはサプリで摂るものではない?

ヤフーニュースで見たのですが、若返りや老化のスピードを遅くするためには、DHEAというホルモンが良い

記事を読む

スマートフォンで老ける理由は巻き肩にあり

毎度しつこいようですが、またスマホ(笑) スマホで老眼、うつ、最後は見た目が悪くなるという話を

記事を読む

40代になったらお肉の摂取量を増やすのが良い理由とは?

年を取ったらお肉を食べるといいらしい。 そんなフレーズがテレビや雑誌からよく聞こえるようになり

記事を読む

ヘアスタイルとヘアカラーで簡単に若返りできる

ヘアスタイルを変身させるだけでイメージが変わって、人が変わったように変身できます。ヘアスタイルとヘア

記事を読む

ab

スポンサーリンク

ab

スポンサーリンク

美人になれる枕があったら欲しいと思いませんか?

最近、とても気になっているモノがあります。 それは、枕・・・まく

口唇口蓋裂は赤ちゃんに患う病気!遺伝性はあるのか?

口唇口蓋裂とは、先天性異常のひとつで、生まれてきた赤ちゃんの上唇や上あ

視力回復や目の疾患に効果があるビジョントレーニングのやり方

ビジョントレーニングとは、人間が本来持っている眼の機能や力を維持させた

ディノメンのフェイスクレンジングブラシが凄いらしい

男性も美意識が高い方が増えており、女性と同じく日頃から身だしなみに気を

非刺激性便秘薬とは?おすすめの市販薬と服用の注意点

辛い便秘、あまりにも出ない場合は市販薬に頼る場合もあります。 便

→もっと見る

PAGE TOP ↑